◆文字の意味◆
◇[P=パンチ]、[K=キック]、[S=スラッシュ]、[HS=ハイスラッシュ]、[D=ダスト][J〜=ジャンプ攻撃各種]◇
◇[J=ジャンプ]、[HJ=ハイジャンプ]、[C=キャンセル]、[JC=ジャンプキャンセル]、[HJC=ハイジャンプキャンセル]◇
◇[RC=ロマンキャンセル]、[FRC=フォースロマンキャンセル]、[FD=フォルトレスディフェンス][TG=テンションゲージ]◇



基本戦術

地上では立ちP、屈P、遠S、前HS、屈HS、鎌閃撃、弁天刈、雷影鎖撃(S)、天放石をよく使います。

基本的には立ちP、屈Pで牽制しつつキャンセルから鎌閃撃、鎌閃撃→曲鎖撃、鎌閃撃→旋鎖撃を相手の行動や距離によって使い分けて出していきます。

また、牽制に失敗して低空ダッシュなどで急接近された場合は弁天刈、天放石を出しておくといいです。

弁天刈は無敵時間があり、発生が早いので少なくとも相打ちに持ち込めるうえに、カウンターヒットすれば逆にコンボを狙うことも出来ます。

天放石は大抵の場合は上段(P)を出しておき、相手が明らかに地上から下段を狙っているときだけ下段(K)を出しておけばいいです。

天放石は成功すれば大ダメージを与えられるうえに、隙が少なく、失敗してもすぐに次の行動に移れます。

また、自分から攻めるときも立ちP、屈P、遠S、屈HSを牽制に使いながら少しづつ接近して、中間距離から前HS、屈HS、雷影鎖撃(S)、ダッシュ天放石、ダッシュ投げで上下&逆ガード&カウンター&投げの選択を迫るのがいいです。

固めは鎌閃撃FRCを使ったり、屈HS、前HSの上下の揺さぶりや投げを狙ったりします。

簡単な例をあげると、ダッシュ→屈K→S→HS→屈D→鎌閃撃→FRC→ダッシュ→屈K→S→屈HS→FRC→ダッシュ→屈K→S(ジャンプ仕込み)→前HS→RC→空中ダッシュ→JHS→着地→屈K→一瞬歩き→投げ、こんな感じです。

TGをかなり使いますが、これだけやれば大抵どこかで当たります。

ヒットした攻撃が屈Kとかだったらそのままガトリング→鎌閃撃→FRCでボンバーループへ、屈HSだったら前HSへ、前HSだったら屈Kからの固めへ、投げだったらダッシュ→K→Sからボンバーループへ移ります。

また、対空には立ちP、前P、前K、屈S、立ちHS、前HS、弁天刈、天放石(P)が高性能です。

大体は前Pを使って、ヒット後はコンボを叩き込みます。

早めに対応できたときはHS、前HSを使って、こちらもヒット後はカウンターヒットならばコンボを叩き込みます。

また、対空の牽制には立ちP、前Kがかなり使えます。

立ちPで撃沈するとダウン復帰でさらに高い位置から空中ダッシュで接近してくることがあるので、その場合は前K、屈Sで対応しましょう。

反応が遅れてしまって既に相手が目の前にいる場合は屈S、弁天刈、天放石(P)で大抵は潰せます。

リバーサルには弁天刈、蜂巣箱→白波の焔、百重鎌焼が使いやすいです。

蜂巣箱→白波の焔は白波の焔コマンドを入れておくことで相手が蜂巣箱に引っかからなかったときに天放石(P)が出るようになっています。





立ち回り

まず開幕には、遠S→雷影鎖撃(S)、バックステップ、空中バックダッシュ→JS、天放石を使います。

基本的には発生が速くカウンターヒットするとひるむ遠Sから雷影鎖撃(S)に繋ぎます。

また、相手の出方がわからないときはバックステップから屈HSや鎌閃撃を出したり、空中バックダッシュ→JSで安全を確保しつつ攻撃します。

相手が開幕に攻撃をしてきそうなときは天放石でカウンターを狙っていくと結構当たります。

次に、戦闘開始後は基本的に中間距離、遠距離で牽制でダメージを与え、接近した場合は固めから鎌閃撃→FRCに繋いでボンバーループでダメージを与えます。

まず、近距離では天放石を多用して相手の攻撃を牽制しつつ、「基本戦術」で書いたような固めからボンバーループに繋ぎます。

また、屈P→鎌閃撃を出して、ガードされたら旋鎖撃を出しておくとガードレベルをあっという間に上げれます。

中間距離では遠Sを多用して、相手の攻撃を潰しながら立ちP、屈P、屈HSなどで牽制して遠距離に持ち込んだり、雷影鎖撃(S)→FRCで近距離に持ち込んだりします。

遠距離では立ちP、屈P、前K、屈HS、鎌閃撃と多彩な技で牽制して相手に近づかせないように戦います。

アクセルはどの距離でもかなり強いですが、やはり長いリーチを活かすには遠距離がやりやすいので接近されたらとりあえず弁天刈や天放石で距離をとりましょう。

また、アクセルは相手の攻撃を潰すのが得意なので、上手く相手の攻撃を読めるようになると手がつけられないほど強くなります。





起き攻め

まず、基本は前HS、雷影鎖撃(S)の上段、屈P→鎌閃撃、ダッシュ屈K→固め、屈HSの下段、ジャンプスカシ→投げ、ダッシュ→投げ、羅鐘旋の投げ、起き上がりにリバサ読み天放石のカウンターの4択です。

雷影鎖撃(S)は画面端でやるとガード方向が逆にならないときがあるので、使うなら画面中央がいいです。

ジャンプスカシの投げは読まれると逆に投げられるのでJHSと組み合わせながら2試合に1回くらいで使うといいです。

他の行動は基本的にダッシュ屈K→Sから固め、前HS、屈HS、羅鐘旋を狙って、屈P→鎌閃撃からは旋鎖撃を出してガードレベルを上げておくと有利になります。

天放石はリバサ読みが失敗しても隙が少ないので多用しても特に問題ないです。

アクセルの起き攻めは多彩ですがガードされると反撃確定になるものが多いのでパターンにならないように使い分けるのが大事です。




ボンバーループ

ボンバーループとは画面端でアクセルボンバーを何度も当ててダメージを与えるコンボのことです。

基本的に軽量キャラにしかループになりませんが、重量キャラでも場合によっては2回くらいならループできます。

起動コンボとしては、

・投げ→ダッシュ→K→S→JC→ボンバーループ

・屈K→S→HS→屈D→鎌閃撃→FRC→ダッシュ→K→S→JC→ボンバーループ

・屈K→S→屈D→弁天刈(HS)→RC→ダッシュJ→ボンバーループ

・JHS→アクセルボンバー→着地→S→JC→ボンバーループ

・雷影鎖撃(S)(カウンターヒット)→ダッシュ→K→S→JC→ボンバーループ

・(画面端付近限定)蜂巣箱→ダッシュ→相手壁バウンド→K→S→JC→ボンバーループ

などがあります。

蜂巣箱は狙いにくいですが、他の5つはどれも狙いやすいです。

ボンバーループのレシピは、

起動コンボ→{低空アクセルボンバー→着地→S→JC}×n→JK→JC→JHS→JD→アクセルボンバー

が基本になります。

あとは、これを場合によって着地後をK→Sにしたり低空アクセルボンバーをJHS→アクセルボンバーにしたりと変えていきます。

まぁ、変えない方がダメージ大きいんですけどね(´∀`∩

ボンバーループは接近戦用なので、立ち回りで上手く倒す分にはあまり必要ありませんが、決まればかなりのダメージになるので覚えておいても損はありません。