◆文字の意味◆
◇[P=パンチ]、[K=キック]、[S=スラッシュ]、[HS=ハイスラッシュ]、[D=ダスト][J〜=ジャンプ攻撃各種]◇
◇[J=ジャンプ]、[HJ=ハイジャンプ]、[C=キャンセル]、[JC=ジャンプキャンセル]、[HJC=ハイジャンプキャンセル]◇
◇[RC=ロマンキャンセル]、[FRC=フォースロマンキャンセル]、[FD=フォルトレスディフェンス][TG=テンションゲージ]◇



基本戦術

地上戦では遠S、屈S、屈D、投げ、空中投げ、スタンエッジ、スタンエッジ・チャージアタックを牽制に使います。

遠S、屈S、屈Dからはキャンセルでスタンエッジを出しておくといいです。

主に屈D、スタンディッパー、ヴェイパースラスト(HS)などでダウンを奪い、起き上がりにチャージアタックを重ねて攻めます。

固めは屈K、S、前Pなどをガトリングで繋げ、前Kの移動を使って再度接近するのを繰り返します。

例をあげると、屈K→S→前K→屈K→前K→前K→屈K→S→前K→前K・・・、とかです。

間にチャージアタック→FRCを入れればダッシュからさらに固めることも出来ます。

その場合相手がジャンプして避けたらダッシュからダッシュジャンプに変更して空中投げから起き攻めに移ります。

また、固めの間にS→JC→JD→JS→着地→屈K→屈D、屈K→ダッシュ→投げ、屈K→屈S→Dなどとやってガードを崩します。

投げからは起き攻めに、DからはD→ホーミングJ→エリアルコンボ→JC→(相手が受身を取ると同時に)空中投げ→起き攻め、とします。

また、相手の飛び込みに対しての対空には上半身無敵の前P、ヴェイパースラストが高性能です。

特に前P、ヴェイパースラスト(S)がカウンターヒットした場合はS→屈HS→ヴェイパースラストと繋げてVループに移れます。

カウンターヒットからなので威力は特大です。

また、遠くからチャージアタックを出してFRCして、ジャンプで避けた相手を空中投げで潰すのはかなり使えます。

ついでに、JDは飛び道具判定で相手の飛び道具と相殺するのでJDを張ってからチャージアタックすると案外安全です。

また、リバーサルにはヴェイパースラスト、ライド・ザ・ライトニングが使いやすいです。





立ち回り

まず、開幕にはグリードセバー、一瞬ダッシュ前P、遠S、屈Sなどで相手の開幕攻撃を潰します。

基本的にはディズィーのように屈Dをやってきたりすることが多いキャラにはグリードセバーを使い、

ソルや梅喧などの開幕遠Sが多いキャラやメイのイルカ、ジョニーの低空燕穿牙などが来そうなときは一瞬ダッシュ前Pでカウンターを狙います。

遠Sや屈Sはその場の判断で適当に。

次に、戦闘開始後は相手をダウンさせて、その後の起き攻めで勝負を決めるのが主流になります。

近距離では屈K、屈S、屈Dをマメに出して相手の攻撃を牽制しつつDや投げをヒットさせていきます。

うまく屈Dや投げがHITした場合は下記の起き攻めに移ってダメージを与えましょう。

Dが当たった場合はコンボ後着地してすぐスタンエッジチャージアタックを出しておくとその後の相手の行動を多少制限できます。

近距離での攻撃がことごとく防がれたときはキャンセルからスタンエッジを出して距離をとり、相手の行動を見て対空を出したり、

バックステップでさらに距離をとったりします。

中間距離では遠S、屈S、スタンエッジなどをちらつかせて、相手の攻撃を潰します。

そして、相手がガードを強化するようになってきたらダッシュからの投げや固めを狙ったり、

スタンディッパー→FRCで距離を縮め、投げ、固め、上段、下段を狙います。

遠距離ではダッシュ前P→バックステップで牽制しつつ、JDで相手の飛び道具を消してスタンエッジチャージアタックを放ち、

ダッシュで近距離に持ち込みます。

相手がジャンプで避けた場合は合わせてジャンプして空中投げ、そして着地後すぐチャージアタックを出して起き攻めです。

また、チャージアタックの軌道を少し上に上げて出しておくと相手がジャンプしてそのまま飛び込んできたときに潰せます。

どの距離でもですが、ダッシュで距離を縮めるときは前Pを使うと結構相手の攻撃を潰せます。

ただし、下段は潰せないので下段を多用してくる場合はグリードセバーで攻撃をかわしつつカウンターヒットさせてVループを狙ったり、

相手の下段が届かないあたりでダッシュを緊急停止、その後屈Sをカウンターヒットさせてスタンディーッパーでダウンさせましょう。





起き攻め

相手をダウンさせたらチャージアタック→FRCやチャージアタック2個出しからの下段、上段、投げの3択を狙います。

下段は屈K→前P→S→屈Dなどの屈Kからのガトリングを屈Dで閉めます。

ガードされた場合は屈Dに持っていかずに固めへ移ります。

上段はDや屈K→D、屈K→屈S→D、などです。

FRC後すばやくダッシュして起き上がりと同時に攻撃が当たるように攻撃すると、こちらの攻撃がチャージに隠れて見えにくいので下段、上段の選択はよくヒットします。

Dはガードされてもチャージがまだ残っているのでさらに固めることができます。

最後に投げは、FRC後少し遅めにダッシュして屈K→歩き→投げが一般的です。

普通にダッシュするとチャージの攻撃が終わるまで投げれないのでHSになってしまいます。

投げは読まれやすいのでFRCに失敗したときなどに使うことが多いです。

上の3択ではD以外からは起き攻めに再移行できるので繰り返し起き攻めを続けます。





桜華さん的考察{提供者:桜華様}

[桜華的起き攻め]
1.J攻撃重ね
JHS(先端当て)>(着地)2K>(2S)>2D
相手の近くで当てた場合は空中Sスタン(FRC)に繋げましょう。
2Dが当たらない距離なら2S>エッジorディッパーでカバーを。

(空中ダッシュ)JK>JD>(着地)2K>(2S)>2D
使いすぎるとJDは読まれるのでJS>JPなどに変えて投げを回避しましょう。
勿論、空中Sスタン(FRC)もありです。もし着地して投げられると思ったら4HSと押しましょう。
HSでCH取るか、投げるか、投げられるかのどれかになります。
J攻撃を重ねるときはリバサには十分注意しましょう。

2.チャージ重ね
Kor2K>S>6K>S>2K>2D
下段始動。2Dからさらに起き攻めに移行できます。これを基本として、徐々に変化を付けていきます。

Kor2K>S>6K>S>2K>Dorセバー
最後を中段で終わらせてます。最後でなくても構いません。Sにディレイをかけて出すとかもありです。

Kor2K>S>(JC)JHS>空中Sスタン(FRC)>地上ガトリング
このようにJCもありです。自分で工夫して作るのも楽しみの一つwこれは固めの一種に入ると思います。

3.6HS重ね
基本的にチャージの時のコンボを使えば良しです。(書くのが面倒だからじゃないですよw)
6HS>(一段目C)セバー
奇襲にどうぞ。ガードされたらヤバイので乱用は禁物です。

6HS>セバー(RC)>空中Sスタン(FRC)
ガードされたらこれでフォローを。
J仕込みして、セバー(RC)>空中ダッシュ>J攻撃重ねのコンボへ
JK>JDなどでバシバシ固めましょう。空中バックダッシュ>空中Sスタン(FRC)で逃げるのもあり。

[桜華的ネタ]
セバーやダストを使うときはRCとセットだと心強いです。
テンションバランスを考えて使いましょう。

対空は基本は6P、リバサはHSVTですが、CH狙ってSVTもありです。
SVT(CH)>(着地)S>2HS>HSVT
CH時はこんな感じで。画面端ならもう1ループ入ると思います。私はかなり狙ってますw

ダストをガトリングに挟むのに付け足してチャージも途中に挟んで行きましょう。
固まる相手は大体反撃しません。FRCは使った方が多少は安全です。

投げの狙いどころを説明します。
6HS>投げ               やりすぎると読まれるので気をつけましょう
ガトリング中の6Kを最速でRC>投げ 別に6KでなくてもOKです。
共通で投げ前にちょっとダッシュが必要、2Kなどをきざむのもありです。
チャージからの投げはわぐ様の解説を参考にしてくださいw

チャージ起き攻め時のDAAの読みを。こちらが優勢+相手のテンション50%以上の時に使ってくる可能性が高いです。
チャージが重なったら、相手の近くまでダッシュ>ディッパーで潰しましょう。成功すれば相手には凄まじい程のプレッシャーがかかるでしょうねw

最後に一言。 ガトリングなどは勝手に改造していいです。てか、途中にも書きましたが
コンボを自作するのも楽しみの一つだと思います。
カイは中段が少ないので自分で工夫し、RC、JCやらディレイや投げを組み込んでいってみてください。