◆文字の意味◆
◇[P=パンチ]、[K=キック]、[S=スラッシュ]、[HS=ハイスラッシュ]、[D=ダスト][J〜=ジャンプ攻撃各種]◇
◇[J=ジャンプ]、[HJ=ハイジャンプ]、[C=キャンセル]、[JC=ジャンプキャンセル]、[HJC=ハイジャンプキャンセル]◇
◇[RC=ロマンキャンセル]、[FRC=フォースロマンキャンセル]、[FD=フォルトレスディフェンス][TG=テンションゲージ]◇


基本戦術

地上戦ではリーチが長く発生の早い遠S、判定の強いHS、ヒット時によろける前HS、ガンフレイムなどを相手との間合いによって使い分けます。

また、相手が走ってきたらライオットスタンプやヴォルカニックヴァイパー→叩き落しで潰します。

主に屈D→バンディットリヴォルヴァー、ヴォルカニックヴァイパー→叩き落し、グランドヴァイパーなどでダウンを奪い、起き攻めからDループへともっていきます。

また、ダッシュJから低空ヴォルカニックバイパーを出すと高性能の突撃技になります。

固めはK→S→HS→バンディットリヴォルヴァー、K→S→HS→バンディットブリンガー、K→S→ガンフレイム→FRC→バンディットブリンガーなどを繰り返して、合間にダッシュぶっきらぼうに投げるを入れるとかなり有効です。

ブリンガーは多用すると読まれて空中投げを喰らうのでリヴォルヴァーの方を多めに使いましょう。

また、対空には上半身無敵の前P、K、ヴォルカニックヴァイパー→叩き落しなどを使います。

リバーサルにはヴォルカニックバイパー、タイランレイブver.βが無敵時間が長く使いやすいです。




立ち回り

まず、開幕ですが、使うわざとしては、遠S、屈S、前HS、ガンフレイム、バンディットブリンガー、グランドヴァイパー、バックステップなどです。

遠S、屈Sは発生も速く判定も結構強いので大抵の場合は安定です。

ディズィーの屈Dなどの強力な低姿勢下段を持っているキャラ相手の場合はバックステップで安全確保後ガンフレイムなどでOKです。

また、逆に相手がバックステップをしそうなときは前HS、ガンフレイム、バンディットブリンガー、グランドヴァイパーが効果大です。

戦闘開始後基本的に近距離に持ち込み固めや牽制で画面端に追い込んで、

ブリンガーやぶっきら投げなどからDループや基本エリアルで大ダメージを狙います。

近距離では遠S、屈S、屈D、前HSを少しづつ出して相手の攻撃を潰しながらキャンセルでガンフレイム→FRCやリヴォルヴァーから固めます。

固めからは上下の揺さぶりやぶっきら投げでガードを崩し、Dループかエリアルに持っていってヴォルカ→叩き落しで閉めます。

中間距離では前HS、HS、ガンフレイム、ファフニールなどで牽制しながらキャンセルでブリンガーやリヴォルヴァーを出したりガンフレイムFRCからダッシュしたりして近距離に持ち込みます。

遠距離ではダッシュ→空中バックダッシュでフェイクをかけながらライオットスタンプでの急接近やダッシュ→ガンフレイム、ダッシュ屈D→リヴォルヴァー、ダッシュ前HS→ブリンガーなどの接近方法で近づいて近距離戦に持ち込みます。




起き攻め

相手をダウンさせたらガンフレイム→FRCからの下段、上段、投げの3択を狙います。

下段はFRC後にダッシュして屈D→バンディットリヴォルヴァーを出します。

ヒット時はそのまま起き攻めへ、ガードされたときは固めに移ります。

上段はFRC後に低空ダッシュ→JS→JDやダッシュ→Dを出します。

低空ダッシュからの方は画面端でヒットした場合は着地後ダッシュK→屈HSで拾ってDループに繋ぎます。

画面端でない場合は着地後ダッシュ→ガンフレイム→FRCで再度起き攻めへ。

また、ガードされたときは着地後屈D→バンディットリヴォルヴァーから固めへ移ります。

ダッシュ→Dは当たればコンボをすればいいですが、ガードされたときは反撃必至なので多用は禁物です。

最後に投げはFRC後にダッシュ→屈K→歩き→投げ、少し遅れてダッシュ→ぶっきらぼうに投げるなどです。

ノーマル投げの後は少しだけ待ってガンフレイムを出し、起き攻めへ移ります。

ぶっきらぼうに投げるをヒットさせた場合はコンボへ移り、最後をヴォルカニックヴァイパー→叩き落しで閉めて起き攻めへ。




Dループ

Dループとは画面端でJDを何度も当てて大ダメージを与えるコンボのことです。

起動コンボとしては、

・ブリンガー→屈HS→Dループ

・屈D→リヴォルヴァー→1段目RC→JD→屈HS→Dループ

・ぶっきら投げ→ダッシュ(相手の下を通り反対側へ)→屈HS→Dループ

・ヴォルカ(HS)→RC→ダッシュ→K→屈HS→Dループ

・ガンフレイム→FRC→ダッシュ→K→屈HS→Dループ

・空中ダッシュ→JS→JD→着地→ダッシュ→K→屈HS→Dループ

などがあります。

場合によって使い分けることができれば上下段&投げのどれかで大抵は当たります。

Dループレシピとしては、

・起動コンボ→JC→JD→JD→着地→[一瞬ダッシュJ→JD→JD→着地]×2(〜3)→一瞬ダッシュJ→JK→JD→JC→JS→JD→ヴォルカ→叩き落し

・起動コンボ→JC→[JD→JC→JS→JD→着地→J]×1(〜2)→JD→JC→JS→JD→ヴォルカ→叩き落し

が基本です。

上のDループのJD→JDは昇りに最速で1回、降りに硬直が解けてすぐ1回ということです。

これは一瞬ダッシュのタイミングやJDのタイミングなどかなり難易度が高いですが、ダメージも比例して特大です。

大体1/2〜3/4のダメージはいくはずです。

下の方のJD→JC→JS→JDはJDを最速JCして、JCの昇りに何もせず、降りにできるだけ相手がダウン復帰する直前に合わせてJS→JDを出すということです。

これは少し練習すれば簡単に出来るようになります。

ダメージは上の方に多少劣りますが、それでも1/4〜1/2、ガードレベルが高ければ3/4も狙えます。

×〜というのはその数の分ループさせるということです。

場合によっては( )の中の数だけループできますが、大抵は( )の外の数だけループで安定です。

Dループはソルの重要なダメージ源なので絶対に出来るようにしておくべきです。